ひかり電話のSIPクライアントにYamaha NVR500を接続

東京本社のNです。ひかり電話ルーター「PR-S300NE」のSIPクライアントとしてYamahaのルーター「NVR500」を接続してみました。

PR-S300NE & NVR500

奥がNTTが設置していたひかり電話ルーターの「PR-S300NE」です。
手前が今回SIPクライアントとして設置する「NVR500]で、これにアナログ電話機を接続してみます。

NVR500는 빛 전화 대응되고, 히카리 전화 라우터를 대체 할 수 있지만, 이번에는 SIP는 클라이언트로 아날로그 전화기를 연결하여 통화 할 수있게합니다.
NGWにひかり電話を設置・接続する例はサイトに多数あるのですが、クライアントとして接続する例は見つかりませんでした。
SIPクライアント機能があるので接続できないはずは無いのですが、相性とかあるのでやってみないとわかりませんね。

ひかり電話ルーターには既に配下に別のルータやら無線LANが接続されていて、PPPoEスルーとして設定されているはずです。
既存の設備には手を加えずに、PR-S300NEのLANポートにNVR500を接続して使います。

まずは、設定用のノートPCをPR-S300NEの空きLANポートに接続します。

NTTの工事の人が設置時に時に書き残していったメモを元に

http://192.168.1.1

をブラウザに打ち込んで画面を表示します。

ID/PASSの入力画面が出てきますので、

ID: user    Password: XXXX  ←実際はXXXXではありません

を入力し、管理画面にログインします。

デフォルトでDHCPが有効になっているようで、すぐに管理画面にアクセスができました。

192.168.1.1

まさか出来ないだろうと思いながら、配下の既存のルーターにつないだ無線LANから192.168.1.1에 접속 해 보면 ...
무엇과 연결 할 수 있잖아요! !
既存ルーターのWAN側に接続されているはずなのに、勝手にルーティングしてるのね。

さあ、ここで電話設定を確認します。
SIPクライアント登録というのは내선 등록を意味するので「電話設定-내선 등록」を選択します。

내선 등록

内線番号の3番にNVR500を設定してみます。
登録状態が未登録なので「編集」をクリックします。

내선 설정

なるべくデフォルトで動作確認を行うため、ここではパラメータをいじらず、通知番号・着信させたい番号だけ設定変更します。
ユーザーIDとパスワードだけメモしておきましょう。

次に、NVR500側の設定です。NVR500は初期化済みのものを使用します。

NVR500はまだネットワークに接続せずに、ノートPCをLAN側に接続して、

http://192.168.100.1

브라우저에서 엽니 다.

ID/PASSを入力するポップアップが出てきますが、初期状態では設定されていないので、エンターキーで先に進みます。

NVR500

 

管理メニューが出るので、まずは「詳細設定と情報」ボタンを押します。

NVR500-2

LANの設定(IPアドレス、DHCPサーバー)の設定ボタンを押します。

NVR500-LAN

ここでLANポートのプライマリ・I`Pアドレスを、ひかり電話ルーターと同じセグメントに設定します。
若い番号はDHCPで重なる可能性もあるので、192.168.1.253 를 입력합니다.
また、DHCPサーバ機能は使わないので、チェックを外します。

設定の確定ボタンを押すと確認の画面がでるので、そのまま進めます。

ここでNVR500からノートPCのLANケーブルを抜きます。
このLAN側のケーブルをひかり電話ルーター「PR-S300NE」のLANポートに接続します。

ここからはノートPCを配下の無線LANにつなぎ直し、新しいアドレス 192.168.1.253 에서 NVR500에 연결합니다.

다시 관리 화면을 엽니 다.

NVR500

今度は「電話の設定」ボタンを押します。
さらに「TELの共通設定」-「基本設定」へと進みます。

TEL1

「基本設定(TEL1ポート)番号設定」の「番号設定」項目の「自己SIPアドレスの登録」の링크をクリックします。

TEL1SIP

여기의 "전화 사용자 이름 (전송 및 수신에 사용)"으로 들어오는 전화 번호를 지역 번호부터 입력하고 "연결 확인"을 누릅니다.

前のメニューに戻り、「VoIPの設定」-「VoIPの基本設定」を表示します。

VoIP

「VoIP機能」を「◎使用する」にチェックし、設定の確定を押します。

最後にやっとSIPパラメータの登録に進みます。
前のメニューに戻り、「VoIPの設定」-「IP電話サーバの設定」を表示します。

SIP1

ここで追加ボタンを押します。

SIPPARAM

先にメモっておいた、ひかり電話ルーターのパラメータをここで設定します。

SIP 주소 3@192.168.1.1
서버 주소 192.168.1.1
사용자 ID 0003
비밀번호 [미리 메모 해 둔 것]

発信時のプレフィックスは、TEL1ポートの「直接」をチェックしておきます。
このプレフィックスとは、ダイヤル時の先頭につける番号(トーン)で、これにより発信する経路を変えることもできます。

設定したら「設定の確定」ボタンで完了です。

正常に設定されていれば、NVR500の管理画面のトップの一番下に接続ステータスが表示されているはずです。

status

NVR500のTEL1ポートにアナログ電話機のモジュラージャックを差し込んでテストしてみます。

受話器をあげて、自分の携帯電話にダイヤルすると呼び出し音が!!成功です。

内線呼び出しも、受話器を上げて1番を押すと、ひかり電話に接続された電話機が鳴りました!!これも成功!

内線通話も問題なさそうです。

保留や内線転送は・・・ダメです・・・

히카리 전화 라우터에 연결된 전화기에서는 훅킹으로 보류 할 수있는 상대에 멜로디가 흐르는지만, NVR500에 연결된 전화기에서는 후킹이나 플래시 버튼 등 다양한 타이밍을 포함하여 시도했지만 수 없습니다.

ルーターの管理画面から、フッキング秒数も小数点単位で調整するも・・・ダメです・・・玉砕!

NVR500をSIPクライアントとしてひかり電話ルーターに接続して発着信するという目的は達成できたのですが・・・ここで終了!

保留や転送が出来ない電話じゃ実用性が今一歩ですね。