Windows10 비 대응 기종을 업그레이드

東京本社のNです。Windows10への無料アップグレード期間が7/29までとのことで、社内でも駆け込みアップグレードが盛んです。

未使用のマシンにもWindows10を順次入れていますが、Windows10が非対応とされている機種にもアップグレードしましたので忘備録として残します。

今回対象のマシンは、eMachineのEL1358-N22D。社内には3台ありました。

컴팩트 한 외형은 아직 고대도 느끼지 않습니다 만, eMachine은 저렴한 브랜드로 세계적으로 일세를 풍미 (?)했지만, 소 모양 (그리운!) 미국 Gateway에 인수되어 더 Gateway가 대만의 Acer 사에 인수되어 Acer에서도 eMachine 브랜드의 종료가 발표되었습니다.

それもあるんでしょうが、Windows10はサポートされないようです。

w1

스펙은

  • CPU AMD Athlon II X2 260 3.2GHz
  • 칩셋 nVIDIA nForce 430
  • メモリ DDR3-1333MHz SDRAM デュアルチャネル対応DIMM 最大4GB
  • ビデオ オンボード nVIDIA GeForce 6150SE
  • HDD SATA 500GB
  • DVD DVD ± R / ± RW / -RAM
  • スロット PCI Express x1×1(1)、PCI Express x16×1(1)
  • LAN 1000BASE-T / 100BASE-TX / 10BASE-T
  • プリインストールOS Windows 7 Home Premium SP1(32bit)

と、開発に使うのでなければ、まだまだ使えそうです。

Windows7のデスクトップ右下のツールバーにも、ちゃんと Windows10 へのアップグレードのお誘い通知が来ていました。

w2

この格子のアイコンをクリックします。

w3

지금은 갑작스런 수요로 다운로드가 혼잡 때문인지, '무상 업그레이드 예약'도 가능 해지고 있습니다 만, 이대로 Windows10로 업그레이드를 진행합니다.

w4

承諾ボタンを押すとダウンロードが開始し、ダウンロードが開始します。

w5

ここで1時間ちょっと。結局は次のような画面に行き着きました。

w6

ふむふむ。ビデオチップが対応していないのね。

ビデオカードを増設してインストールしようとも思いましたが、Windows10のアップグレード期限まではあとわずか。

情報を集めると、インストールメディアを作成すれば互換性チェックをスキップしてインストールできるみたいです。

Microsoftのページからメディア作成ツールをダウンロード・実行し、DVDのISOファイルをダウンロード。(下記↓はいつまで링크が有効かわかりません)

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10?wa=wsignin1.0

DVD-RにISOファイルを書き込んでインストールメディアを作成します。

作成したメディアをDVDドライブに入れると、自動的にsetup.exeが実行されます。

あとは同様にインストールするだけですが、気をつけるのは「互換性のチェック」と「重要な更新のインストール」をスキップすること。

 

 

 

w8

何度か再起動後、何事もなかったかのようにWindows10のセットアップ画面までたどり着きました。

덧붙여서, 호환되지 않는 비디오 칩의 문제이지만, "Microsoft 기본 비디오 어댑터 '로 인식되고 해상도 변경도 문제없이 사용할 수 있습니다.

w9

とりあえず使用にも問題は無いようです。

残りの同機種2台も同様にWindows10にアップグレードしました。

どこかで対応のビデオボードを増設するかもしれませんが、まだまだeMachineもしばらく使えそうです。