123D catch로 사진에서 3D 모델을 생성 Unity에서보기

삿포로 사무실의 O입니다.

AutoDesk 123D Catch を使用して3Dモデルを作成をしてUnityでモーションの表示までをやってみました。

123D Catch とは、写真から3Dのモデルのデータを作成できるアプリ・サービスです。
無料(2016年4月現在)で使用することができます。

 

Step1.人物の撮影から3Dモデルデータの作成まで

まずは3Dモデルとなる対象物の写真を360度撮影をします。

今回は同じ札幌オフィスのOG君にモデルになってもらい、U部長にも撮影を手伝ってもらいました。
撮影場所はオフィスのエントランスです。

sapporo1

アリモノで済ましたため、台車に乗り移動しながら360度撮影します。

스튜디오가 아닌 이런 곳에서 생각 될지도 모릅니다 만, 사진을 합성 할 때 배경이 단순하지 않은 것이 이은을 맞추기 쉬운 것 같아서 일단 좋다고합니다.

モデルはリギングで後から関節をいれるので、撮影中手をあげていてもらいます。

撮影が終わったら、無料ダウンロードしてインストールした、123D Catch を起動します。

使用するにはAutodeskのID登録も必要ですので、登録しログインします。

あとは簡単、撮影した画像をアップしていき、モデルが作成されるのを待つだけです。

123d

と、言いましたが、実際には出来上がってくる3Dモデルのどこかが欠損するなどで、何度も撮り直しやアップを繰り返しました。

ss1 ss2

납득 한 것은 아니지만, 여기에서 답보하고 있어도 어쩔 수 없기 때문에 어느 정도 쓸만한 물건 수 단계에서 다음 편집 작업에 옮겼습니다.

ss3

다음은 3D 모델의 편집입니다.

 

Step2. 모델 데이터 편집

作成したモデルデータは背景も含まれたデータです。
これを編集し人物だけのモデルにし、動かせるように関節データを埋め込んだりしなくてはなりません。
모델 데이터를 움직일 수 있도록 데이터를 만드는 것이 삭구라고 합니다만, 이번에는 Unity 측에 어느 정도 동작을 맡기 때문에 최소한의 데이터만을 만듭니다.

モデルデータの編集にはオープンソースのBlenderを使用しました。

https://blender.jp/

まずはモデルデータから、背景部分など無駄な部分を削ることが必要です。

以下が人物モデルを選択した状態です。

blender1

編集モードでどこかの頂点を選択した状態で、Controlを押しながら+キーを押すと、選択範囲がじわじわ広がっていきます。

blender2

選択範囲を反転させて、背景が選択されるようにし、選択範囲を削除します。

blender3

背景が削除され、OG君だけのモデルになりました。

次に、ボーン(骨)の作成とメッシュへの関連付けを行います。

blender4

수있었습니다!

実際にはBlenderの操作方法もよくわからず、同僚デザイナーのYさんにアドバイス頂いたり、참고 도서を貸して頂きなんとかできました(汗;)

 

Step3.Unity로 움직여 본다!

モデルデータができたので、早速Unityに組み込んで動かしてみます。

BlenderからはFBX形式でエクスポートしたものを、Unityでインポートします。

モーションは今回は Unityちゃんのモーション を使用します。

unity1

움직였습니다!

股下になにかついていたりと何かとお粗末な3Dモデルですが、Unityちゃんモーションで움직였습니다!

プログラマーだけでもこの程度の物であれば、モデルデータを自分で用意することが出来るというのは新たな発見でした。

무엇보다 즐거웠습니다!

もちろん実用にするためには色々と課題はありますが、粘土で作ったモンスターをモデルにするなど、素材としての可能性が広がりますね。

 

アプリで動作もさせましたが、UnityでWEBGLとしてビルドしたものをアップしておきましたのでPCのブラウザで確認できます。

포즈 :
https://dns7.m-craft.com/sapporo/n-ohta/123D/test/posing/index.html

액션 :
https://dns7.m-craft.com/sapporo/n-ohta/123D/test/action/index.html

 

Autodesk 123D Catchは、Windowsデスクトップ版とスマートフォンアプリ版(iOS,Android)があります。

스마트 폰 판이은 촬영 지점의 나비가 표시되어 촬영 위치가 이해하기 쉬운 것 같아서 이번에는 풀리있는 삼각대에 스마트 폰을 고정 해 촬영하는 것이 정확도가 높은 모델 데이터를 생성 할 수 있기 때문에 시험 하고 싶습니다. 최근 스마트 폰은 얼마 전 디지털 카메라보다 해상도가 높은 하구요.

123dsma

123D Catch Android版の画面です。赤線で四角に囲ったのが撮影ガイドです。

 

今回は下記のサイトを参考にさせてもらいました。
http://yandod.github.io/blog/2015/03/15/123d-on-windows/